読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーボーママの在宅ライター備忘録

待機児童を抱える主婦×在宅フリーライターです!ライター業のこと、子育てのこと、ランサーズのことetc.▼お仕事は随時受付中です!hataguchi424あっとgmail.comまでお問合せください▼

根拠のない自信でも、クライアントさんには伝わっている件

ライター ランサーズ 主婦 認定ランサー

f:id:aiai1992:20170205211526j:plain

 

画:おこわも食べたい!うどんも食べたい!天ぷらも食べたい…と欲張って注文した定食。(結果、家族に手伝ってもらった)

 

私は根拠のない自信があるタイプです。

多分、過信しすぎない程度で(だといいな。)

 

根拠のない自信って、やる気や負けん気にも近い気がします。

「絶対やったる!」って思いつつ、不安もあるんですよね。

 

周りから見ると、羨ましいな~って思われやすいかもしれません。

が、自信があるように見える人って、プレッシャーもたくさん抱えていると思います。

 

最近、オフ会で「根拠のない自信」があるタイプのみなさん(←コラ)とお会いしてつくづく痛感しました。

 

 

「やったるで!」っていう自信も「ダメかもしれない」っていう不安も、相手にはよく伝わっていると思います。特にクライアントさん。

 

プレッシャーがあっても、能力が一緒でも、この部分の違いで相手に与える安心感が大きく変わってきます。

初心者さんであってもベテランであっても、「やったるで!」の自信が伝われば、頼もしいんです。

 

実際、自分がお仕事を発注するとき、難しいかもしれないっていうテーマについて話し合うことがあるのですが、ライターさんの「難しいけどやったるで!!」みたいな気持ちはメールから伝わってきます。

 

日々の生活の中で、自信全開!とかだと、とっつきにくいし疲れちゃうと思うので、ここぞというときに自信スイッチをONにすればいいんだなって思っています。

 

小学生の頃からスポーツをしていたのですが、ここ一番のときは自信満々で挑まなくちゃ負けちゃうんです。

 

「ゥへへへへっぇええい、この人、スゲーーーー速い人ぉぉぉおお」(陸上をしていたので)

 

っていう人と一緒に走るときもそうです。ほんとに、自信って大切です。

 

あんまり自信が持てないときもありますし、

「私なんか…」っていう卑下モードに陥るときもあるんですが、

 

人間って大差ない。

 

って、思える心も大事かなと(これは極論すぎる///)

 

こう思えれば、どれだけ「過程」が大切なのかってことにも気がつきます。

 

常に自信ある記事を納品できるように頑張ろう。